旅行×サウナ!「サウナ目的の旅行はあり?なし?」 〈meshiトーク!Vol.4〉

皆さんは普段どんな目的で旅行に行かれることが多いですか?

一般的なものでいうと、テーマパークや商業施設・海や山・ご当地フードなど、その地域ならではのレジャー施設や名物をお目当てに旅行に行かれる方が多いと思います。

 そんな中、私の中で最近プチブームが来ているのが

『サウナ旅行』

ということで、今回は皆さんもきっと気になる

「サウナ目的の旅行はあり?なし?」

という部分を含めてお話していこうと思います!

関西在住:meshiさん(食・サウナ・旅行など様々取り上げています!)

前回のmeshiトークはこちらから↓

「このサウナ行きたい!」を大切に

文字通りサウナをお目当てに行く旅行で、私はいつもSNSで各地の気になるサウナの情報を収集して「このサウナに行きたい!」がきっかけで旅行の計画を立て始めます。

情報収集といっても最近のSNSのトラッキング能力は凄まじく、わざわざ調べなくても私のインスタグラムには各地のサウナ情報が勝手に大量に流れてくる…(笑)

飲食店などもそうですが、気になるサウナが日々増えて大変です(笑)

(きっと読んでいる皆さんも同じかな?(笑))

では情報収集の方法は?と思いますが、1年に1回「サウナシュラン」というものが発表されます。

「サウナシュラン」とはサウナ界の重鎮たちの審査のもと、全国各地のサウナ施設の中からその年の上位11位が決められる、いわゆる飲食業界の「ミシュラン」のようなものです。サウナシュランには選りすぐりのサウナ施設が揃っているので旅行のお目当てになる施設を探すのにうってつけですよ!

 去年、私はサウナシュランで殿堂入りしたサウナへ行くために佐賀へ行きました。

佐賀県武雄市にある御船山楽園ホテルの “らかんの湯”。

2019年から3年間サウナシュランで1位に輝いた超実力派です。

参考:大浴場 露天風呂|武雄温泉 旅館 御船山楽園ホテル

佐賀の大自然に囲まれた地形が生かされたとても贅沢なサウナで、さすが「この為に来た」というのに相応しい施設でした。また、大浴場の中に茶室があるというかなり珍しい施設で、サウナの休憩にプリンやドリンクを楽しむことができます。

私はそのまま”らかんの湯”が入っている宿に宿泊したので、サウナも楽しんだ後はゆっくり佐賀県の食材を使った旅館の食事、他の観光を楽しむことができました。

 「サウナなんかどこで入っても変わらない」

と思われるかもしれませんが、全国各地にこだわり抜かれた個性的なサウナがたくさん存在しています。そしてサウナは旅行の目的にもなり得る!というのが私の考えです。

最近は、今まで行こうと思わなかった土地にもサウナがきっかけで興味を持つことが増えてきました。そこで新しい発見や出会いがあったりなど、サウナ旅行は自分の中の世界が広がるのでとても楽しい…。

そして私の野望は…(笑)

いつかはサウナの本場、フィンランドに行ってみたい!なんて(笑)

INFORMATION

PICKUP

ライター:aikawa yumi

旅で感じた気持ちを、絵に閉じ込める

ライター:yumeka

香りと、旅をする。〜淡路島|お香の長くて深い歴史〜

〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)