『身も心も輝いて欲しい…』想いとサロンの取り組み #02 【CPサロン上野池之端店|大見理恵さん】

フェイシャルエステサロンであるCPサロン上野池之端店を運営する大見理恵さんに受け答えをしていただいた。「美」に関心がある多くの人に届けたいそんなお話。そして日々の暮らしをちょっとよくする考え方も伺った。もし今、肌について悩んでいたり、生活の中にモヤモヤを抱えていたらぜひチェックしてみて欲しい。

前回の記事はこちらから↓

『身も心も輝いて欲しい…』想いとサロンの取り組み #01 【CPサロン上野池之端店|大見理恵さん】

心から、内側から晴れやかに、輝けるように…

ーサイトを拝見していて気になったのが「身も心も輝いている女性をたくさん増やすこと」という言葉。この部分を目指すに至った背景を教えてください。

大見:内面的な部分で悩み事があると、どれだけ外見を綺麗にしても、どこかくすんでしまうんですよね…。「中から晴れやかに…!」そうなって欲しいという願い、想いをこめて謳っている言葉です。

ーとても大事な部分ですよね。

大見:そうですね。加えてcpサロンの特徴は、最後にメイクアップアドバイスをすること。お客様がノーメイクでいらしても、お手入れとメイクをして綺麗になって帰る、という流れです。

皆さん晴れやかな表情になって出ていかれるので、そういういった姿をみると「あ、良かったな」という風に、施術する側も嬉しくなります。

「引き出す」ことの難しさと重要性

ーカウンセリングで意識していることは?

大見:お客様からより多くの情報を引き出すことを意識しています。家でどういうお手入れをしているのか、今のお肌悩みは提示する項目のなかで言うとどれが当てはまるのか、など。お客様との対話というイメージです。

アットホームな雰囲気の空間が広がる

ーお客様それぞれで肌質も悩みも違う、ということも考えると大変な作業ですね。

大見:はい。ですのでカウンセリングは初回来店時に、少し時間をかけて行います。お客様の肌の状態、タイプを見て、それぞれの肌に合ったお化粧品を選んでいきます。そしてお手入れに入っていきます。

ー引き出すという部分は難しいと感じる部分も多いのでは?

大見:例えば「日中、乾燥を感じますか?」とか、「日中から夕方にかけて感じますか?」というような質問があります。この質問に対して「いや特に感じない」という回答があるんです。簡単にいえば個人の意識の差、感じ方の問題なのでそこを吸い上げるのが難しいところですね。

お客様の嬉しい顔、嬉しい言葉に出会える魅力のある職業

ー いっぽうで距離が近いからこそ、逆に嬉しいと感じる部分も多いのではないでしょうか?

大見:もちろんです!1つ例をあげると、皮膚科に行かれている方の肌が改善していく…などですかね。肌悩みで皮膚科に行かれている方は割と多くいらっしゃいます。ですが皮膚科は病院なので塗り薬などを処方しますよね?その薬を塗ると、多少は良くなるんですが、結局また時間が経つとまたニキビができてきて…。

ー確かにそうですね。そうなると病院に行き、薬をもらう繰り返しになりますが…

大見:そうなんです。ですが正しいお手入れの継続と、店舗での施術。これをしっかり行えば改善する、良くなるとお伝えするんです。もちろん病院ではありませんから「それ治りますよ」ということはいえませんが。

ー絶対はないけど、正しく継続できれば…ということですね?

大見:実際、皮膚科の先生から「肌が綺麗になったね」と言われた、と話す方もいらっしゃいました。だから、正しいお手入れの仕方を続けていくと、本当に良くなっていくという証明でもあると感じています。嬉しいですしありがたい声ですよね…。ですので、アドバイスに沿って来店していただけるとこちらも嬉しいです。

ー今の場所で働いていて感じることや心境の変化はありますか?

大見:とにかく、私はこの場所が好きということ。そして、サロンで働いてくれているスタッフが本当にいい人たちで、皆さんも楽しいと言ってくれている…。なので、働く環境って大事だなと心から感じています。

スタッフの雰囲気がそのまま店舗、営業中の雰囲気に反映されるわけですので、いい空間が作れていると思います。だから本当に1日があっという間で、「あ、なんか19時半」みたいな、そんな毎日です(笑)

フェイシャルエステの始めどきは?継続の重要性

ー情報が溢れ、日々忙しない昨今。暮らしのなかでモヤモヤを抱えていたり、多忙で自分に時間が使えていない女性の方も多いと思います。大見さんの目線から暮らしをちょっとだけよりよくするアドバイスなどあればお願いいたします。

大見:「自分の時間を少しでも取ること」が大切だと思います。

女性の場合は結婚、出産、育児…。やはり、自分のことは二の次という感じだと思います。ですが、私は子供ができた時も、育児をしていた時も、継続して丁寧に肌と向き合っていた記憶があります。自分のことも大切にしないと、 周りの人も大切にできないと私は思っています。

自分が豊かであれば、周りの人にも優しくできますしね。

ー最後になりますが、店舗利用のメリットや読んでいただいかたへのメッセージを。

大見:読んでいる方の中には「まだまだフェイシャルエステなんて」と思っている方や、「どのタイミングで始めるべき?」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません…。

人それぞれにさまざま考え、気持ちがあると思います。ですが、ちょっとやってみたいなとか、ちょっと気になるなって思った時が始めどきだと思うんです!

ー少しでも気になったらまず話を聞いてみる、踏み出してみる、ということですね

大見:はい。聞いてみて、「いや、やっぱり合わない」とか 「あ、これだったら始められそう」と感じることが大切だと思います。

大見:そして最後に、世の中にはたくさんのお化粧品が溢れていて、「自分に何が合うんだろう」って彷徨っている方は多くいらっしゃると思います。あれこれ手を出してはやめる、使わなくなるという方も。気持ちはわかりますがお化粧品は継続して使わないと結果は出ません。全部中途半端で終わるのは、お金の無駄遣いにもなる。

だからこそ、いち早く自分のお顔に合ったお化粧品に出会うことが1番大切かな…と思っています。

-end-

INFORMATION

CPサロン 上野池之端店

人生100年時代と言われる今、いつまでも健康で輝いていたいと思いませんか? 健康であることはもちろん、身も心も輝かせて欲しい。私達はそんな想いで日々活動しています。 いくら外見ばかりに気を配っていても内面がくすんでいたら、本当の輝きは放たれません。 そして、”意識する”ことの大切さを大事にしています。 身も心も輝いている女性を たくさん増やすこと それが、当サロンのコンセプトでありミッションです。

住所: 東京都台東区池之端2-9-3プリントバッグビル5F

HP: https://cpsalon.infactgroup.jp/uenoikenohata/

PICKUP

ライター:yumeka

香りと、旅をする。〜淡路島|お香の長くて深い歴史〜

〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(後編)

ライター:aikawa yumi

旅で感じた気持ちを、絵に閉じ込める