私の身近にある「暮らし」|『描く』

今回は、わたしの生活の一片を描いた「life」シリーズとともに、暮らしについてお話しします。

わたしは、都内の1DKに夫婦で暮らしています。

家具や食器などは、わたしの好みで揃えており、木目調の落ち着いた色合いで揃えています。

今回は私の描くlifeシリーズのイラストとともに、家具や食器などについてお話しできたら…。

    Writer:あいかわ ゆみ

やさしさを追い求めるイラストレーター/デザイナー。普段はインハウスでグラフィックデザイナー。会社ではロゴ制作・チラシ・バナー・イベントブースの制作を行う。

食具のハナシ

わたしの好みで揃えている家具や食器ですが、その中でもこだわっていたのは、食具です。

毎日、手に触れ、口に触れるものなので、触り心地や使い心地を気にして選んでいました。

たくさんの人に「素敵なの!」と言いたいところですが、お家で使う物だから人に見せびらかすことはできないなぁ〜…と、発信方法を考えた末、絵にして発信することにしました。

「life」シリーズからお茶碗
「life」シリーズからお箸

「life」シリーズは、いつも起きる時間より1時間前に起きて、描きたい食具と画材を机に並べ、形を目でなぞり、買ったときの思い出や、感情、届いたときの喜びを思い出しながら丁寧に描き起こしていました。

絵を通して実感すること

これらの作品は色鉛筆で描いています。

描いていくにつれて出てくる粉末が、食具の質感を表現してくれるためアナログでの制作。

「life」シリーズからお醤油瓶

食具を描いていると、使い続けていてできる傷についつい目が行き、たくさん生活を共にできたんだな〜と、なんだか誇らしく感じます (笑)

「life」シリーズで描いた食具は今も健在なので、日々、忘れがちなモノへの感謝を絵を通すことで、実感できていました。

次回も器や食具に関するお話をお送りいたします。

-END-


↓あいかわさんの他の記事はこちらから↓

PICKUP

【八王子蒸溜所#02】「トーキョー」のクラフトジンを目指して

ライター:aikawa yumi

旅で感じた気持ちを、絵に閉じ込める

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

台湾珈琲って一体なんだ??台湾をまた好きになるコーヒーの話し ~台湾珈琲Vol.…