つくり手に思いを馳せる|パンと旅するVol.5

こんにちは!

パン好きデザイナーのmaaya.です。

皆さんは普段、自分が手にしたモノをつくった人が「なぜ・いつから・どんな思いでつくっているのか」考えたことはありますか?

今回は “つくり手に思いを馳せて、心で味わうススメ” についてお話します。

    Writer:maaya.
  • デザインで全国のパン屋さんの役に立ちたい!ⵈと夢みる、パンが生き甲斐のグラフィックデザイナー。「美味しそうに魅せる写真」を撮るべく、カメラ片手に年間100軒以上のパン屋さんを巡っている。

北欧スタイルのベーカリー「BRØD」

北欧のパン作りの伝統とトレンドを応用したサワードウベーカリー・〈BRØD〉さん。

デンマーク出身のオーナーシェフ・クリスティーナさんは、日本のパンが体に合わなかった娘さんのために、慣れ親しんだサワードウブレッドを作り始めたんだそう。

栄養価の高さや消化の良さから、健康に良いパンとして日本でも注目されていますよね。

そんなBRØDさんを知ったのは、谷根千エリアにあったベーカリー〈VANER〉さんがきっかけ。

北欧仕込みの本格シナモンロールが特に好きだったのですが、2022年に閉店。そのVANERのベイカーの1人が、新しくオープンするBRØDにいると聞いたのです。

そして今年5月、渋谷で開催されたさくらパンまつりにBRØDさんが出店されていて、そこでようやく元VANERのベイカーさんとお話することができました。

パンの修行をしに、北欧へ

サワードウベイカー 齋藤 朗人さん。

「VANERの人たちと出会ったことで、今の自分がいる。サワードウの魅力にハマり、サワードウベイカーとしての今後を考えています。」

と、齋藤さんは話します。しかし、これまでVANER〜BRØDと北欧スタイルのお店で働いてきたものの、実際北欧へは行ったことがないそう。

そこでなんと、6月末でBRØDを離れ、デンマーク、イギリスやノルウェーなどヨーロッパにパンの修行へ行くことを決意!

「技術力向上はもちろん、日本より身近にパンがある北欧でのベイカーの働き方や、パンの根付き方を体感したい。」

齋藤さんは、そんな強い決意とともに、自分のお店を開くことへの夢もお話ししてくださいました。

「どこでお店を開くかは未定だけれど、その土地の物を使った、地域の人のためにパンを作りたい。」

本格サワードウが食べられるBRØDさんのこれからも、北欧修行で更にレベルアップしていく齋藤さんのこれからも、本当に楽しみです!

おわりに

つくり手の思いを知ってから味わうパンのおいしさはひとしお。

これはパンや食べものに限ったことではありません。

最近では、そのモノができた背景や込めた思いをSNSで発信してくださっているつくり手さんが増えています。

皆さんもぜひ、 “つくり手に思いを馳せて、心で味わう”をしてみてくださいね!

INFORMATION

BRØD (広尾)

住所: 東京都渋谷区広尾5-4-20

HP: https://www.brod.jp/ja

PICKUP

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:編集部

カルチャーと暮らし方を知る旅へ 前編|SPICE MOTEL OKINAWA

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)

ライター:編集部

最近よく聞く「泊食分離」って何?|編集部が調べたQ &A