[連載]旅好きなあの人に聞いてみた!-光さんの旅先②-

明日がちょっと楽しみになるそんなアイデアと、旅先、風土、地域のものづくりなどを伝えていく私たちes-pom webマガジン。

前回に引き続き光さん(____ohi.___)のお話です!

前回の記事はこちらから↓↓

わたしの旅行計画

Q:旅行の計画はどうやってたてていますか??

A:一緒に行く人と行きたいところの候補を挙げていきます。ホテルメインで旅先を決めるときは「このホテルに泊まりたいから旅行に行こう!」と友達を誘って計画を始める時もありますね!

Q:旅先でまわるなどは同行者と一緒に決めているのですか??

A:そうですね!お互いに優先順位をつけて、Googleマップに入れます。行きやすいところから道順などを考えて計画していきます。

Q:2024年「私がトライしたい〇〇」を教えてください。

A:2024年は、一人旅や海外旅行に行きたいですね。まずは、近場からスタートしようかなと考えています。海外旅行は、去年から韓国語講座を受けているので韓国旅行に行きたいなと思ってます。

 

自然を感じられる場所へ

年々、「自然を感じられる場所」をテーマに旅先を選んでいるという光さん。

「行きたい自然」を目的に、コスパ良く泊まれるホテルを探して旅行計画をするのだとか。となると、旅先へのお洋服はスカートよりもパンツとスニーカースタイル。動きやすい格好で「行きたい自然」に足を運ぶそうです。

最後にもうひとつ、2023年に光さんがいった思い出に残る場所のお話。

「山頂から見える景色も絶景だったのですが、恐竜広場からみた景色が印象に残ってます。」

記憶に残ったと話す景色

静岡県伊東市にある小室山。リフトに乗らず散歩をしながら山頂を目指し、恐竜広場で恐竜と一緒に写真を撮ったり。のんびり歩いて登ったからこそ出会えた景色

光さん自身、「また行きたい」と思える場所だったそうです。

のんびりと、ゆっくりと歩いたり、過ごしたりする中に新しい発見や出会いがあるのかもしれませんね。

皆さんの旅にも今回のお話をすこ〜しだけ付け加えて、素敵な時間にしてみてください。

PICKUP

ライター:yumeka

香りと、旅をする。〜淡路島|お香の長くて深い歴史〜

〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

【八王子蒸溜所#02】「トーキョー」のクラフトジンを目指して

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)