大好きなパンと辿る、わたしの思い出。|パンと旅する Vol.2

パン好きデザイナーのmaaya.です。

年間100軒以上のパン屋さんを巡り、1日3食パンだけを食べて過ごすことも多々ある私ならではの"美味しさだけではない様々なパンの魅力"をお届けできればと思っています。

さて、今回は昨夏、引っ越しをして以来行けずにいた念願のパン屋さん、埼玉県東松山市にあるクローバーさんへ行った時のお話です。

    Writer:maaya.
  • デザインで全国のパン屋さんの役に立ちたい!ⵈと夢みる、パンが生き甲斐のグラフィックデザイナー。「美味しそうに魅せる写真」を撮るべく、カメラ片手に年間100軒以上のパン屋さんを巡っている。

思い出とともに、ホッとするパン

幼少期に行っていたパン屋さん・クローバーさんへ行った私。

大好きだったかぼちゃのパンが見当たらずスタッフさんに聞いてみると、もう何十年も前になくなってしまったそう。

それは残念でしたがⵈ当時の私が絶対食べていたであろうツイストパンなど、昔ながらのパンを爆買い!

最近では、概念を覆されるような変わり種や華美な見た目のパンなども増えて楽しいですが、こういうホッとするパンもたまらなく好きだなと改めて実感しました。

おわりに

私の場合は「パン」でしたが、自分の「好き」のルーツを知らなかったり、忘れている人も多いのではないでしょうか?

私はデザイナーという仕事も「好き」から始まっていて、「好き」だから続けたいと思います。自分の好きなものは何よりもパワーを持っている特別なもの。

ぜひ皆さんも、自分の「好き」のルーツを辿って、「好き」をより深めてみてくださいね!

PICKUP

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(後編)

【八王子蒸溜所#02】「トーキョー」のクラフトジンを目指して