大好きなパンと辿る、わたしの思い出。|パンと旅する Vol.1

はじめまして、パン好きデザイナーのmaaya.です。

年間100軒以上のパン屋さんを巡り、1日3食パンだけを食べて過ごすことも多々ある私ならではの"美味しさだけではない様々なパンの魅力"をお届けできればと思っています。

今回はパンを好きになったルーツをおはなししてみます!

パンだけでなく、皆さんもきっと好きな何かがあると思います。そのルーツやきっかけは懐かしい記憶や思い出を呼び起こしてくれますよ。

    Writer:maaya.
  • デザインで全国のパン屋さんの役に立ちたい!ⵈと夢みる、パンが生き甲斐のグラフィックデザイナー。「美味しそうに魅せる写真」を撮るべく、カメラ片手に年間100軒以上のパン屋さんを巡っている。

きっかけは1歳から通ったパン屋さん

取り憑かれたようにパンを食べる私ですが…(笑)よく「いつからそんなにパンが好きなの?」と聞かれることがあります。

自分でパン屋さんを巡るようになったのは9年程前からですが、幼少期からずっと朝はパンを食べるのが習慣でした。

その幼少期に食べたパン、通っていたパン屋さんが私には思い出に残っています。

4歳の時に出生地から引っ越したため、当時どんな家に住んでいたかなどの記憶はほぼありません。そんな中でも強く残っている記憶が、母と通っていたあのパン屋さん…。

思い出のあのお店へ

私が小学生の頃、「久しぶりにあのかぼちゃのパンが食べたいなぁ」と母に言ったことがあります。店名や外観、好きなパンまで私は覚えていて、母からは「よく覚えているね」と驚かれたことも…。とはいえ、私にはそれくらい記憶に残っていたんです!

そして昨夏、引っ越しをして以来行けずにいた念願のパン屋さん、埼玉県東松山市にあるクローバーさんへ行くことができました。

当時はベージュのテントだったので、外観は少し印象が変わっていましたが、中に入ると一気に懐かしい気持ちになりましたよ!

 

続きは明日公開

PICKUP

〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:aikawa yumi

旅で感じた気持ちを、絵に閉じ込める

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:yumeka

香りと、旅をする。〜淡路島|お香の長くて深い歴史〜