[連載]旅好きなあの人に聞いてみた!-あいかわゆみさんの旅先-

イラストレーターとして活動するあいかわゆみさん。es-pom webマガジンにも読み物を寄稿していただいてます。そんなあいかわさんも旅好きさん!多い時は3ヶ月に1回、国内のどこかへ足を運ぶそうです。

イラストレーターとしての活躍も見逃せませんが、旅好きさんならではの考え方も興味深いですよ!

あいかわゆみさんの2023年の旅先

Q:2023年行ってみてよかった!最高だった!と思う場所はありますか?

A:青森の奥入瀬渓流三重の伊勢神宮(外宮)に行ってよかったと思いました。青森の奥入瀬渓流は、木々に囲まれた渓流と共にお散歩ができます。お天気の良い日は、木漏れ日であふれ、光の反射がとても素敵です。

三重の伊勢神宮は、火除橋からスタート。渡り終えたところにある鳥居を通ると一気に空気が清らかになった感覚がありました。それぞれ、違う清潔な空気で気持ちがよかったです。

奥入瀬渓流|あいかわさん提供

ちなみに、あいかわさんはこれからのシーズン、島根県足立美術館の庭園を見に、足を運びたいのだとか。「生で見たらどのような感動に包まれるのか…」思いを巡らせているそうです。

ネットやSNSを通して目にする「美しい」「綺麗」も有意義ですが、実際に生で目にする時間は格別ですよね。皆さんもそんな旅先があればチェックしておくことをおすすめします。

奥入瀬渓流|あいかわさん提供

絵に落とし込む…!

Q:旅行に欠かせない「私のアイテム」を教えてください。

A:酸素洗顔パウダー、ボディクリーム、2本指ソックスです。いつも食べないお料理や、長い移動によって肌や体調に変化が現れるので、労わりグッズを持っていくようになりました。

きっと皆さんも感じたことがある旅行時の体調の変化!注意するだけではなく、「私のアイテム」に加えることも大切かもしれませんね!

Q:最後に「2024年私がトライしたい〇〇」を教えてください

A:「観光した場所を絵にすることにトライ」することです。その場で感じた空気、感情はそこでしか味わえないため、思い出すためにも観光した場所を絵に落とし込むことにトライします!

ということで、今回の「旅好きなあの人に聞いてみた!」はイラストレーター・あいかわゆみさんのQAでした!今後のあいかわゆみさんのイラストレーターとしての活躍も見逃せません。

PICKUP

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(後編)

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

台湾珈琲って一体なんだ??台湾をまた好きになるコーヒーの話し ~台湾珈琲Vol.…