〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

山座熊川は福井県若狭町、明神湖のほとり、静かな高台にアウトドア複合施設としてオープンした。そこには日常から離れ心地よい場所が待っている。今回は、山座熊川を運営する株式会社デキタ・堀裕貴(ホリ ヒロキ)さんからお話を伺った。

↓前編はこちら↓

土地の魅力とかけ合わさる山座熊川

山座熊川は山暮らしをテーマに「泊まる」「食べる」「遊ぶ」という3つのポイントがある。特に「泊まる」という部分にはキャンプスペースの他に一棟貸しキャビンを用意

「キッチンダイニングとお庭、2階のリビングが、吹き抜けの空間で緩やかにつながる建築となっています。カントリー調で落ち着いた雰囲気で、家族団欒のひとときも、一人でのんびりするにも心が穏やかになります。配置計画は、室内から見える山の風景にこだわりました。

  • キャビン室内

6棟のうち2棟はペット同伴キャビン。室内のペット用ケージだけでなく、屋外にもワンちゃんが遊べる柵付きの芝生エリアを用意している。愛するペットと自然豊かな場所で時間を共有するのも素敵では無いだろうか。

 

そしてなんといっても提供する食材へのこだわりも外せない。夕食のBBQコースで提供されるお肉は、地元の焼肉屋さんから卸してもらっていると言う。

「お肉だけでなく、山里の恵みを感じていただけるよう、わさび、山椒、柚子などの薬味を合わせて楽しんでいただきます。そしてタレは若狭いちじくで作ったオリジナルのもの。BBQにつく小鉢では、郷土料理をアレンジして提供しています。

そこには運営する人だけでなく、土地の人々の「地域の食文化を感じてほしい」と言う願いが込められているのだ。

ゆっくりと土地(地域)を感じる

「夜が暮れると、みんなで焚き火を囲む時間を楽しんでいただきたいです。山の資源で火をつけて暖を取る、ちょっとしたお菓子を作ってみたり…。まだまだ開発中ですが、焚き火の楽しみ方をたくさんご用意する予定です!

せっかく足を運んだのだから、朝から晩まで「山暮らし」を満喫したい。

話によると、BBQを楽しめるレストランでは、夕暮れ時、谷間の向こうに広がる山の稜線を眺めながら食事を楽しむのがおすすめだという。天気がよければ、もちろん満天の星空だって。

アクティビティ、宿泊、食べること…。

日常から離れてさまざまなことを体験できるのが山座熊川である。そして、そんな素敵な「山暮らし」の最後に、この土地の空気を感じて帰路につけると最高の休日になるはずだ。

堀さんはこの土地の魅力を次のように話す。

「熊川宿は、入り組んだ若狭湾の谷筋の最奥にある集落。絶えず山から水が流れ、それが海にたどり着いて、また朝靄や雨になって戻ってくる。自然の循環を感じながら暮らせる場所なのです。」

また訪れたくなる、ゆっくりとその土地を感じたくなる、そんな場所と体験をしに山座熊川へ行ってみよう。

INFORMATION

山座熊川 | SANZA-KUMAGAWA

インスタグラム▷https://www.instagram.com/sanza_kumagawa/

住所: 〒919-1533 福井県三方上中郡若狭町河内79-3-1

TEL: 0770-62-1777

HP: https://sanza-kumagawa.com/

PICKUP

ライター:aikawa yumi

旅で感じた気持ちを、絵に閉じ込める

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(後編)

ライター:yumeka

香りと、旅をする。〜淡路島|お香の長くて深い歴史〜