2枚のスクラッチが与えてくれたもの|くったりベア

2枚のスクラッチが与えてくれたもの

宝くじが当たったら、そのお金を何に使いたいですか?

この問いについて、誰しも一度は考えたことがあるだろう。私はこう答える。

「もし3億円当たったら、仕事を辞めて彼氏との生活費にする」と。

私には韓国人の彼氏がいる。

付き合って5年が経った。数回、日本に訪れて何ヶ月か住む程度で、ずっと一緒にいるわけではない。知り合った時は全く日本語が話せなかったが、現在は日常生活には困らないレベルで日本語が使える。 

ある日彼は「もし、もっと自分がお金持ちだったら、日本でずっと暮らすと思う」と言った。聞けば、私と日本で一緒に暮らしていける保証が無いからなんだとか。

たしかに、彼は国籍が違うため将来的に正社員として仕事を得ることが、この日本では難しい。

近くにいたとしても、ある意味遠距離恋愛なんだな…と、ふと感じる。

それなら、私が二人分の生活費を稼げればいいのではないか?とも思った。だが現実的には難しい。そこで思い浮かんだのが宝くじだった。

私は1年に2〜3回宝くじを買う。とくに時期に決まりはなく、なんとなく、なんとなくだ。

2人で次の日、結果がすぐわかるスクラッチを2枚買った。1枚200円だから、2枚で400円。結果は、200円が当たった。

生活費にするには程遠い。

スクラッチだから1等3億円というわけでもないし、当たったとしても生活費が賄えるわけではない。

でも、200円を宝くじに払うことで、私は違った感情を手に入れられる。

「もし当たったら何を買うか」「どんな生活をしたいのか」

結果が出るまでの間、現実ではないが現実味を帯びた空想をする。もちろん、購入しなくたってできることだが、宝くじを手に持っているだけで、違った楽しさと興奮が生まれる。

当たり前だが、人は今あるものでどう生活するか考える。その選択肢が増えると未来に対する楽しさや ワクワクもちょっとだけ増える。そんなワクワクを提供してくれるものは、宝くじのように、意外と身近にあるのかもしれない。

ーENDー

    Writer:くったりベア

普段は普通の会社員、ときどきライター。アイドルのライブに行ったり、好きな画家の展示を見に旅行をしたり。自由気ままに過ごしながら、日々考えたことを書いています。

PICKUP

八王子の蒸溜所へ行ってみよう!毎日がちょっと楽しくなるお酒の話 【八王子蒸溜所#…

ライター:編集部

カルチャーと暮らし方を知る旅へ 前編|SPICE MOTEL OKINAWA

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町