暮らしの楽しみ方を聞いてみた!〈Jiuさん〉

東京で暮らすJiuさんに今回はお話を伺いました。

JiuさんのInstagramを拝見して気になるのは、やはり「お部屋作りのコツ」。また、暮らしを楽しむ心がけや香水などの香りのお話も伺っています。

Jiuさんのお部屋作り

ー早速ですがお部屋に関してご質問させていただきます。お部屋は白を基調としたシンプルな印象を受けますが、細部にこだわりも感じられます。お部屋作りで心掛けていることは何かありますか?

Jiuさん:色のほかに『質感を合わせる』ことを意識しています。私の部屋は白をベースと考え、その中にシルバーと黒を。アクセントになるシルバーのアイテムは艶のある金属を、色の強い黒のアイテムはマットなものを選んでいます。

*以下、お写真はJinさんからの提供

ー色別で質感を合わせているということですね。

Jiuさん:そうですね。お互いが喧嘩をせず馴染んでくれるような気がしています。

ーそんなご自身のお部屋で使用しているアイテムを振り返ってみて「これは購入してよかった!」「これは欠かせない」といったものはありますか??

Jiuさん:足立製作所のブックタワーです!

ー 本を横に寝かせて積み置くことができるタイプですね。

Jiuさん:部屋作りを始めた当初は、すべて扉のついた棚の中に本を仕舞っていました。ですが、本が好きだからこそ「目に見えるところに置きたい」と思い、ブックタワーを購入しました。おかげで気に入った本も、積み本もすぐに手に取れますし、今ではこの部屋にとって欠かせない存在です。

参考:Amazon ・足立製作所

香りと暮らしのハナシ

ー 香りや暮らし方についてもお話を聞かせてください。Instagramでもお写真をのせていますが、香り物はやはりこだわりがあるのですか?

Jiuさん:香水は自分にとってお守りのような存在なんです。外出のとき自分のためにほんの少量つけています。こだわりと言うと大袈裟ですが、自然や水を感じられる香り、お香のような香りを使用することが多いです。

ーお気に入りの香水などはありますか??

Jiuさん:FUEGUIA1833『Alba』は私にとって一生ものとなる出会いでした。長く使い続けたい香水です。最近は暑くなってきたので、LES SOEURS DE NOE『BOHEMIAN ABSINTHE』BAUM『SYMPHONY OF TREES』の出番が多いです。

その他にも、THE NOTE BARというお店で自分で調香した香水もお気に入りです。森の夜明けをイメージして作りました。

ー日々の暮らしの中で注意を向けていること、心がけていることはありますか??

Jiuさん:『ながら生活』にならないように心掛けています。些細なことですが、食事のときに「いただきます」「ごちそうさま」を言うとか。『ながら』で生活していると、結局どの事柄にも集中できていなくて、何かしてるようで何もしてない感覚になるんです。

ーご飯を食べながらスマホを触る、という行為は自然とやってしまいがちです。意識することは大切ですね。

Jiuさん:はい。もちろんそういう日(「〜しながら」になってしまうような)があってもいいと思います。ですが、できるだけ日々の事柄にちゃんと意識を向けて生活したいと思っています。

ーちなみに、Jiuさんにとってどんな時間が一番好きですか?もしくはどんな時間を大切にされていますか?

Jiuさん:現在は在宅勤務が多いので、自宅で昼食を食べたあとのコーヒーの時間が好きです。私が暮らす部屋は窓が大きくて、季節によって太陽の軌道が変わります(陽の入り方)。そんな陽の入り方の変化を感じながら、コーヒーを飲む時間が好きですね。

ー窓が大きいご自宅ならではの楽しみ方かもしれませんね!

Jiuさん:あとは、夜寝る前に猫と長めのコミュニケーションを取るようにしていて、猫もそれをわかっているので呼ばなくても自分から傍に来てくれます。私にとってとても大切な時間です。

ー最後に、「私だけの充実した空間を作りたい」と、お部屋作りに関心のある方にワンポイントアドバイスをお願いします!

Jiuさん:まず、部屋の主役になるアイテムを3つ決めてみてください。そこから構築していくと、あまり大きな脱線はせず部屋作りがしやすいと思います。私自身、本格的な部屋作りに取り組んだのは今の部屋がはじめてで、なにもわからないなりにこの方法でうまくいった気がしています。

ーENDー

PICKUP

台湾珈琲って一体なんだ??台湾をまた好きになるコーヒーの話し ~台湾珈琲Vol.…

ライター:yumeka

香りと、旅をする。〜淡路島|お香の長くて深い歴史〜

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)