ナマケモノ人間|はしもと ももこ

ナマケモノ人間

私は“ナマケモノ”が好きだ。

ゆったりとした動作とあのなんとも言えない表情に安心する。彼らの睡眠時間は1日15〜20時間らしい。

すごく羨ましい。

なぜなら私は眠ることが大好きだからだ。ちなみに動きも遅い。というより自分の中を流れている時間がゆっくりしている。

つまり私は“ナマケモノ人間”なのだ。

そんな自分も好きだが違う一面も見てみたい。

だからこのエッセイを利用して成長しようと目論んでいる。このずる賢さは自分で言うのもなんだが尊敬に値する。

『何から挑戦しよう?』

行動したら良いだけなのにいつもいろんな考えが頭に侵入してくる。

まるで情報という武器を持ち攻撃してくるスマホみたいだ。データ容量が重くなって動けなくなる…と、いつもの私ならこうだ。

だが今の私には“エッセイ”がある。

嫌でも動かざるおえない。この状況がとても良い。

このエッセイを書くために、今までしてこなかったことに挑戦して自分の時間を大切に出来る日がくると思うとすごく楽しみだ。

-ナマケモノ人間 END-

    Writer:はしもと ももこ

宮城県東松島市出身。人の命や自然の美しさを歌詞で表現。優しさや切なさも感じる淡い声で歌いあげるシンガーソングライター。

PICKUP

〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:yumeka

香りと、旅をする。〜淡路島|お香の長くて深い歴史〜

【八王子蒸溜所#02】「トーキョー」のクラフトジンを目指して

ライター:aikawa yumi

旅で感じた気持ちを、絵に閉じ込める