暑い季節は仙台へ|春巻き大臣のゆるっとコラムVol.10

前回の投稿では「美味しいもののためならどこへでも行ける」と常日頃口にしている私が、県を跨いで訪ねた味についてのお話でした。今回も、その続きとして仙台を訪ねたときのお話を…!

暑い季節は東へ向かうよ!

さて、これから夏にむかってどんどん暑くなっていくなか、「暑い京都になんか行ってられるか!」(京都の夏の暑さはやばい)という人は仙台へ!!

『中華料理屋 八仙』に行ってみてください。

カニ肉入り春巻 1200円

昨年7月、初めてこの春巻きを食べた時から、1日たりともその味を思い返さない日はないです(言い過ぎ…?いやでもそれくらい美味しい)

春巻き好き、中華好きの方々にはぜひとも食べに行ってほしい!

バリッとした皮、中にはカニ肉がぎっしり。まっすぐストレートで全人類にぶっ刺さる美味しさです。

おばあちゃま達が独特なテンポと雰囲気で、店内をまわしている様子を見ながらビールを飲んで(瓶ビールは3種類から選べます!)、春巻きを頬張ってください。全てがどうでも良くなるほどの幸せがまっています。^_^

(八仙の後はぜひ文化横丁に繰り出して飲み歩きをしてください〜)

おわりに

京都も仙台も(東京からであれば)新幹線で2時間ちょっとで行けちゃいます!GWまだ予定が空いてるよ〜という方は美味しいものを食べにふらっと行ってみるのもおすすめです☺︎

予想外の出会いと幸せがきっと待っているよ〜!

PICKUP

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(後編)

〈後編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

台湾珈琲って一体なんだ??台湾をまた好きになるコーヒーの話し ~台湾珈琲Vol.…

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)