京都、中華。|春巻き大臣のゆるっとコラムVol.9

「美味しいもののためならどこへでも行ける」と常日頃口にしている私ですが、それは時に県を超えることもあります。(国も…)

今回は私が県を跨いで訪ねた味についてお話しします。

”おいしい”のためにどこまでも、その道のりには夢とロマンがつまっているんだ〜(?)

    Writer:HUNA

春巻き大好き女子!Instagramで「#春巻き大臣」とタグをつけて発信しています。美味しい楽しい春巻き情報を発信中

中華を食べるならやっぱりここ、京都へ。

食べ物好きな方々にとってはもう知ってるよ案件かもしれないですが、京都の中華料理は一般的な中華料理とはまったくの別物です。

一口サイズに切られた春巻き、黄金色の酢豚、つーんとからいカラシソバ、、京都でしか食べられない味のオンパレード。胃袋が何個あっても足りないよ!

私が過去に行った中華料理屋たち↓(🫔=春巻きを食べたところ)

*空腹時、閲覧注意のギャラリーです(笑)

鳳泉
糸仙
平安
マルシン飯店
京都中華ハマムラ
駱駝
竹香
鳳飛
東華菜館

皆さんも京都でお気に入りのお店を見つけてみてはいかがでしょう〜!(推薦図書:京都の中華)

PICKUP

ライター:aikawa yumi

旅で感じた気持ちを、絵に閉じ込める

〈前編〉日常から離れる。「山暮らし」とは?|山座熊川・福井県若狭町

ライター:編集部

『古淡-KOTAN-』淡路島|「よみがえり」を体現する宿の特別な魅力(前編)

【八王子蒸溜所#02】「トーキョー」のクラフトジンを目指して